2014年08月20日

牡蠣の栄養効果

栄養効果 その1 タウリン


タウリンが牡蠣に含まれている事は重要です。
タウリンは、肝機能にとっても大事で肝臓の働きを促す作用があります。

あと目の新陳代謝を促進する働きがあるため、目薬の成分として使用されることもあります。

タウリンの含有量(100g中)について

ほたて貝約800mg★★★★★★★★
タコ約500mg☆☆☆☆☆
カキ約500mg☆☆☆☆☆
あさり約400mg☆☆☆☆
いわし約100mg☆

(恒星社厚生閣刊 No.72 魚介類のエキス成分より)

牡蠣にもかなり含まれています!!!

タウリンという名前は、ラテン語で雄牛を意味するtaurusに由来
出典(タウリン - Wikipedia)

血圧を正常に保つ働きや、血中コレステロールの減少に役立つ
出典(2/3 知っていますか? タウリンの働き [栄養管理] All About)

心臓の強化、貧血の予防、肝臓の解毒作用をサポート
出典(2/3 知っていますか? タウリンの働き [栄養管理] All About)

インスリンの分泌を促進し糖尿病を予防
出典(2/3 知っていますか? タウリンの働き [栄養管理] All About)

新陳代謝が活発になることで、脂肪燃焼が期待でき、ダイエットできる
出典(タウリン|タウリンの効果・効能 - 食品の栄養成分)

安全性が高く、副作用はまずありません。
出典(タウリン)

やはりタウリンは良さそうです晴れ



栄養交換 その2 タウリンは糖質制限に有効


糖質制限ダイエットをされている方も多いと思います
私の身近でもその”ダイエットが一番だ”とされていて
確実に効果が出ているようです

その糖質制限に有効な食材が牡蠣

糖質制限には高タンパクと高コレストロールが気になります
ついついガッツリ食べたい系の方は
サラダにマヨネーズをかけたり、結果高コレストロールになったりします。

でも牡蠣は

牡蠣に含まれるタウリンは血中コレステロールを抑え、
脂肪の消化吸収を促進する作用があります。

蠣の糖質ですが、100グラム中の牡蠣の糖質は約5グラム前後。
とても有効に食材として、糖質制限ダイエットに使えそうです



栄養効果 その3 育毛にも


牡蠣には育毛に欠かせないという亜鉛が多く含まれています。
亜鉛は、髪の主成分であるたんぱく質を育成する働きがあるからです。

さらに、なんと!

牡蠣にはアミノ酸が多く含まれていて
血行を良くしてくれる働きがあります。

まさに育毛に牡蠣!といってもいいと思います。

この亜鉛ですが、加熱によって増えるらしい。

なので牡蠣フライとか最適なのかもしれませんね。



健康食材牡蠣で毎日を健康に!!

毎日の食事というのは大切ですが
そんなに牡蠣ばかりというわけには…

そこで牡蠣エキス
毎日手軽に牡蠣の栄養を吸収出来ます

私自身愛用していて、今までより元気になったように思います
毎日2粒だけのんで、それだけでOK
いろんな健康サプリがありますが、海のミネラルが一番良いように思います!
まず試してみてはいかがでしょうか




この商品は広島産の牡蠣をたっぷり使用した、
濃縮牡蠣エキスです。

主成分は美容と健康に人気のある
亜鉛、タウリン、グリコーゲンをたっぷり配合。
1袋で約155個分相当の生牡蠣を使用してます。







posted by yuki777 at 10:14 | Comment(0) | 牡蠣の栄養効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。